グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > キャンパスライフ  > 学生生活ガイド  > 緊急時における授業の取り扱いについて

緊急時における授業の取り扱いについて

本学は、医療系総合学園であり、キャンパス内には大学病院を有し、緊急時には災害拠点施設として、教職員一丸となって地域活動に貢献する必要があります。
医療職を志す私たちには、今、何が出来るのかを日頃より考え、行動してください。


台風等で警報発令に伴う休講について、ホームページに休講情報は掲載されません。また、電話での問い合わせにも応じることができません。気象庁より発表された情報をもとに、下記を参考に各自で判断してください。

異常気象時における授業の取り扱い

暴風等の異常気象時における安全確保のため、次のように授業等を取り扱います。

※休講となった場合、登校禁止となります。事務手続きや、すべての学内施設も使用することができなくなります。自習や部活動も禁止となりますので、注意してください。
愛知県西部地域①に
「暴風警報」が発令された場合

<愛知県西部地域①>
愛知県全域又は愛知県西部の尾張西部・
尾張東部・西三河北西部・西三河南部、
知多地域のいずれか
午前6時の時点で警報が発令されているとき又は午前6時以降午前9時までに新たに警報が発令されたとき

午前中の講義・実習は休講、試験は延期とする。
 
  この際、
  • 午前10時までに解除されたときは、
    午後の講義・実習及び試験は予定通りにおこなう。
  • 午前10時を過ぎても解除されないときは、
    午後の講義・実習及び試験も休講又は延期とする。

  <大学院夜間(午後6時~午後9時)講義について>
  • 午後3時を過ぎても解除されないときは、
    講義・実習及び試験も休講又は延期とする。
授業時間帯(午前9時~午後4時)に新たに発令されたとき

学部長の判断により、講義・実習及び試験の休講又は延期を決定する。
愛知県西部地域①以外で
「暴風警報」が発令された場合
その地域に在住する学生の登校は禁止する。
また、その地域での学外実習中の学生については上記に準ずる。
愛知県西部地域②に
「大雨特別警報」が発令された場合

<愛知県西部地域②>
豊明市、名古屋市、みよし市、東郷町、
日進市、長久手市、尾張旭市、瀬戸市、
大府市、東海市、知立市、刈谷市、
豊田市西部のいずれか
午前6時の時点で警報が発令されているとき又は午前6時以降午前9時までに新たに警報が発令されたとき

午前中の講義・実習は休講、試験は延期とする。

  この際、
  • 午前10時までに解除されたときは、
    午後の講義・実習及び試験は予定通りにおこなう。
  • 午前10時を過ぎても解除されないときは、
    午後の講義・実習及び試験も休講又は延期とする。

  <大学院夜間(午後6時~午後9時)講義について>
  • 午後3時を過ぎても解除されないときは、
    講義・実習及び試験も休講又は延期とする。
授業時間帯(午前9時~午後4時)に新たに発令されたとき

学部長の判断により、講義・実習及び試験の休講又は延期を決定する。
愛知県西部地域②以外で
「大雨特別警報」が発令された場合
その地域に在住する学生の登校は禁止する。
また、その地域での学外実習中の学生については上記に準ずる。
「大雨警報・洪水警報・波浪警報・
高潮警報・大雪警報」が発令された場合
大学から連絡がない限り、平常通りとする。
「波浪特別警報、高潮特別警報、
大雪特別警報、暴風雪特別警報」
が発令された場合
その地域に在住する学生の登校は禁止する。
また、その地域での学外実習中の学生については「暴風警報」が発令された場合に準ずる。